アイフル審査対策

アイフルの返済方法はどう?【4つの支払い方法と注意点】

アイフルでは、返済方法がいくつかありますが、注意点もあります。

アイフルのATMや無人契約機

駅前などにあるアイフルのATMや無人契約機などを利用すれば、銀行のATM操作と同じ感覚で返済できます。

ATM操作をしたことがある方であれば、まず、迷うことなく返済できます。

ただし、ATMによって受付時間が異なっていたり、土日は利用できないATMもあるので、事前に確認する必要があります。

コンビニのATM

コンビニのATMであれば、24時間返済できますし、土日や祝日でも問題ありません。

わたしも2回目の支払いはコンビニを利用したのですが、返済が終わってから失敗に気が付きました。

それは、アイフルのATMと違って、コンビニのATMは手数料が発生することです。

1万円以下の返済で105円、1万円を超えると210円の手数料がかかるので、この点は覚えておいてください!

銀行振り込み

アイフルでは銀行振り込みによる返済も受け付けています。

対応銀行は三井住友銀行です。

わたしがおススメしたいのは、三井住友銀行のインターネットバンクの口座を開いて、毎月、支払いのお知らせメールが届いたら、パソコンや携帯からアイフルの口座に返済するという方法です。

三井住友銀行のネットバンキングであれば、アイフルの口座への振り込み手数料が無料ですし、24時間いつでも振込みができるので、手間も手数料も省けます。

口座振替

クレジットカードのように、毎月決まった日にちに銀行口座から返済金が引き落とされます。

給料が振り込まれる口座などを引き落とし銀行にしておけば、口座振替による返済も便利で、支払い忘れのリスクを避けられる方法だと思います。

アイフル審査のお申込みはこちら