よくある質問

アイフルキャッシングの総量規制はどう?【対象にならないのは?】

私には、住宅ローンとバイクのローン、合わせて1,500万円ぐらいの残高があります。

この額は、アイフルの融資を申し込む時にマイナスになりますか?

ニュースか何かで、個人が借りられる金額は年収の3分の1ぐらいと聞いた覚えがあります。

わたしの年収は800万円ぐらいなので、3分の1は軽く超えています。

2010年の6月から、貸金業者からの借入限度額は年収の3分の1までという「総量規制」が設定されました。

しかし、住宅ローンのように担保があるローンは、この総量規制には含まれません。

住宅ローンの他にも、車やバイクのローンも含まれませんし、銀行のカードローンもその対象にはなりません。

ここで注意していただきたいのは、通常のローンと消費者金融業の両方を展開している銀行があり、後者は総量規制の対象になることです。

コマーシャルなどでもおなじみの「モビット」は、三菱UFJ銀行が運営していますが、銀行ではなく消費者金融業なので、モビットから融資を受けている場合は、総量規制の対象になってしまいます。

この他にも、クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になりますが、ショッピングによるリボ払いの残高は対象になりません。

逆に、消費者金融での借入があるケースで住宅ローンや銀行ローンを申し込むと、総量規制とは関係なく、消費者金融の借入を完済してから申し込むように指示されることが多いそうです。

アイフルの融資申し込みページでは、キャッシングの借入総額と件数だけを入力すれば問題ありません。

アイフル審査のお申込みはこちら